インド

インド Log.6-バラナシ朝食ツアー!冬季限定スイーツ、マライヨ/そして火葬場見学-

2020年1月13日

世界一周ブログランキング
に参加しています!
下のキュートなお尻クリック
して頂けると順位が上がるという
システムになっております。
応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓クリックはこちら↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


インド Log.5-ボートから見る夕日と火葬場の炎。ガンガーとともに生きる人々。-

↑前回の記事はこちら   美味しいご飯に大満足し、ルドラに帰宅。   夕方16:40、夕日ボートに出発です! ルドラに宿泊している5人で乗ることになりました。   ボート ...

続きを見る

↑前回の記事はこちら

2020/01/13

昨日からお世話になっている、バラナシの日本人宿ルドラゲストハウス。

今日は、ルドラのオーナーあきこさんの「バラナシ朝食ツアー」に参加します!
(ツアーと言ってもご飯代以外料金は発生しません。
本当に優しい…;;)

 

あきこさん、私達、ルドラに宿泊している3名の計6人で出発!!

 

外に出るとすごい霧!

いい雰囲気です。

一昨日はビクビクしながら歩いていた道も、あきこさんが一緒だと勇気が出て堂々と歩けます笑

 

一店目は、バラナシ限定!冬季限定!のスイーツ”マライヨ

 

のはずが、早すぎたためかお店が開いていません。

仕方なく、先にお隣のチャイ屋さんでトーストチャイをいただきます。

こちらのチャイは10ルピー

トーストはここも炭火ですが、昨日のお店のように砂糖ではなく塩&スパイスをトッピング。

これがチャイと合うんです。

寒さで冷えた体がホッと温まったころ、無事マライヨ屋さんもオープン!!

この黄色いふわふわがマライヨです。

他にも出しているお店はあるみたいですが、あきこさんいわくこのお店がいいそうです。
とっても人気のため、午前中に来ないと売り切れてしまうとのこと。

できたての最初の一口、ファーストバイトは神様へお供え。

サイズはいくつかあるみたいですが、言わないと大きいサイズで出てくるみたいです笑
小サイズが20ルピー

マライヨの味は例えるなら…

フワッフワのカスタード?

口の中で消えます!
あーーーーめちゃくちゃ美味しい〜

 

一口分残して店員さんをじっと見つめてると(笑)
原液を注いでくれます。

 

くるくる混ぜると…
ミルクセーキ(のようなもの)に変身!

一度で二度美味しいのです。

店内で食べている間にも、たくさんのインド人の方が来て大量に買って帰っていました。

これは本当に美味しいのでぜひ原宿あたりに上陸してほしいです笑


その後は、街歩きをしながら…

ラッシーの人気店”ブルーラッシー”へ!!

ここはロンリープラネットにも載っているらしく、欧米の方にも人気です。

店内にはなぜか証明写真がたくさん貼られています笑


↑この子めちゃくちゃイケメン。

 

ここのラッシーの特徴は盛々フルーツ!!!

 

ザクロ、パパイヤ、ぶどう、バナナ、ココナッツ…
どれも魅力的で迷う…

暖かい季節はマンゴーやベリー系もあるみたいです。

私は、日本ではあまり食べられないザクロとパパイヤをチョイス!!

 

ちなみにどのラッシーも80~90ルピーぐらいです。

 

しばらく待つと…

めちゃくちゃフォトジェニックなやつがきました!笑

皆で記念撮影!

美味しそー!!可愛いー!!

盛々過ぎて溢れそう!

味はもちろんとっても美味しいです!!


その後、昨日はボートから見た火葬場、マニカルニカー・ガートへ。

 

あきこさんからここの客引きはとにかく無視するように言われたので、何を言われても無視。

ブルーラッシーからここへは一本道なのですが、ここに来る間も布にくるまれた遺体が担がれていました。

 

火葬場にはいくつもの炎が。
その一つ一つにご遺体が。

 

完全に焼かれるまで3時間ほどかかるそうです。

 

ふと、ご遺族の中に女性が居ないことに気づきました。
あとであきこさんに伺ってみると、女性はこの場に立ち会えない決まりなのだそう。


火葬場の光景を見ながら、私も、自身の祖父祖母のお葬式のことを思い出していました。

 

火葬場に行くのは限られた親族のみ。
もちろんお骨になるまでは見るなんてことはありません。

 

バラナシでは、隠すことなく遺体が焼かれ、絶えず燃え続けるその炎のすぐそばで、普通に生活をしている人たちが居ます。
町中で布にくるまれたご遺体を見ることはごくごく日常の光景。

 

遺灰や遺体を流すガンジス川で、沐浴をし、洗濯をし、子どもたちは水遊びをする。
それが当たり前。

 

知識としては知っていましたが、このあまりにも違う死生観、価値観を目の前で見て、なんとも言葉にできない気持ちになりました。
カルチャーショック、とも違うような。

とにかく、この火葬場を見たことはかけがえのない経験となりました。

ただ、人が集まるところなだけにトラブルも多いようです。

写真を撮らない。
客引きはとにかく無視。
日本語で話しかけてくる人は全員敵と思う。

を心がければ大丈夫かと思います。

 

「火葬場を見る」

「ガンジス川でボートに乗る」

という、バラナシでやりたいこと2つを早くも達成できて満足な私達ですが、バラナシ編はもう少し続きます!
一日の密度が濃くてまとめるのが難しいです笑

 

インド Log.7へ続きます…

世界一周ブログランキング
に参加しています!
下のキュートなお尻クリック
して頂けると順位が上がるという
システムになっております。
応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓クリックはこちら↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

-インド
-, , ,

Copyright© TABILOG | 旅ログ -新婚旅行で世界一周- , 2021 All Rights Reserved.