ペルー

【なぜ増加が止まらない?その原因は…】ペルー国境閉鎖【足止め Log.45】

世界一周ブログランキング
に参加しています!
下のキュートなお尻クリック
して頂けると順位が上がるという
システムになっております。
応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓クリックはこちら↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


【あっという間に感染者3万人/生後半年の赤ちゃんが無事退院】ペルー国境閉鎖【足止めLog.44】

↑前回の記事はこちら   ペルー鎖国44日目。 これまでの流れ。 ー3月ー ○15日20:00 ビスカラ大統領、国家緊急事態令の発出。 16日23:59から30日までの国境閉鎖が発表。 同日 ...

続きを見る

↑前回の記事はこちら

 

ペルー鎖国45日目。

これまでの流れ。

ー3月ー

○15日20:00
ビスカラ大統領、国家緊急事態令の発出。
16日23:59から30日までの国境閉鎖が発表。
同日13:10時点での国内感染者は71名

○16日23:59
発表通り国境閉鎖が始まり食料品や医療品の購入以外は原則外出禁止となる。
同日9:30時点での国内感染者は86名

○18日
大統領より本18日以降,午後8時から翌日午前5時までの間の夜間の外出を禁止する旨が発表。
さらに19日午前5時より,個人所有の車両の使用を禁止する旨も発表された。
同日7:00時点での国内感染者は145名

○20日
ペルー時間20日13:00時点での国内感染者は263名。死者4名

○22日
これまでに,外出制限を遵守しない11000人が検挙されたとのこと。
国内感染者363名。うち31名が入院中。

○23日
帰国希望者は、在ペルー台湾代表部が運航する予定のチャーター便に搭乗できる可能性があるとのこと。
ただし区間はクスコ→リマ→マイアミのみ(25万)。

○25日
大使館より、メキシコ行きチャーター機のお知らせあり。
国内感染者は480名死者9名

○26日
非常事態宣言が4/12まで延長となることが発表される。
国内感染者は580名

○27日
大使館より「日本の民間旅行代理店主催のチャーター便」が3/29に運航を予定しているとの連絡あり。
区間はリマークスコーメキシコシティのみ(25万)。

○29日
この日までにペルーに足止めされていた邦人約260名のうち、約140名の出国が完了

◯30日
夜間外出禁止令の実施時間を拡大するとの発表あり。
現在は20:00-05:00のところ、31日からは18:00-05:00となる。

ー4月ー

◯2日
外出禁止令の新たなルールとして、【食料品等の買い物は男性は月・水・金、女性は火・木・土のみとし、日曜は全員外出禁止】を加えると発表があった。
また大使館より、3便目となるチャーター機(リマ→メキシコシティ)の運航が計画されていると通知された。

◯3日
外出時のマスク着用が義務化された。
国内感染者数累計1595名。

◯6日
国内感染者数累計2561名。
死者数は92名となった。
ペルーの学校であリモートによる授業が始まる。

◯7日
国内感染者数累計2954名。
セマナ・サンタ(イースター)の期間である9日、10日は買い物での外出も一切禁止となる。

◯8日
国境閉鎖及び外出禁止期間が、4/26まで延長となる。
国内感染者数累計4342名。

◯10日
台北が運航予定しているクスコ→リマ間のチャーター機についての連絡がくる。
また、13日以降の外出規制のルールが変更となり、買い物等は一世帯1人のみが許可される。
国内感染者数累計5256名。死者数は138名。

◯13日
国内感染者数累計9784名。
ペルー政府は、制限前の状態に戻していくのに今年いっぱいかかるという予測を発表。

◯14日
マレーシア大使館によるチャーター機のお知らせあり。
国内感染者数累計10303名。死者数は230名。

◯17日
国内感染者数累計13489名。死者数は300名。

◯22日
国内感染者数累計19250名。死者数は530名。

◯23日
非常自体宣言の2週間延長が決定し、5/10までとなる。

◯24日
国内感染者数累計21648名。死者数は634名。

◯25日
国内感染者数累計25331名。死者数は700名。
大使館よりリマ→メキシコシティのチャーター機のお知らせが届く。

◯26日
国内感染者数累計27517名。死者数は728名。

◯27日
国内感染者数累計28699名。死者数は782名。

◯28日
国内感染者数累計31190名。死者数は854名。

 


本日、大使館より大統領会見の要約が届きました。

 

以下に全文を転載させていただきます。

 

ーーー

1.本29日までの累計感染者数は33,931名(前日比2,741人増),うち入院中の患者数は4,289名(前日比201人増),うちICUで集中治療を受けている患者数は623名(前日比23名増),累計死者数は943名(前日比89名増)である。

2.ペルー政府がこれまの措置を実施していなければ,現在の累計死者数は1万人から1万5千人に達していたであろう。
新型コロナウイルスの感染者数に占める致死率は2.74%であり地域の中ではチリに次いで低い。

3.市場が感染源となっており,本29日にリマ市内の市場で商人に対する抜き打ちの簡易検査を実施したところ,842人のうち163人の感染が確認された。
市場関係者の約5人に1人が感染している計算となるが,ここから感染が広がっている可能性が高い

4.セバーヨス首相率いる委員会が,4つのフェーズから成る経済活動再開に向けた計画を作成した。現在,全体の約50%の経済活動が停止しているが,同プランを通じて1ヶ月に10%ずつ経済活動を再開し,4ヶ月後に90%の再開を目指す。

引き続き、感染予防には細心の注意が必要です。
医療・健康等に関するお困りのこと・ご不便なことがありましたら,できるだけのご助力をいたしますので当館までご連絡ください。

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 医務部・領事部
Av. Javier Prado Oeste No.757, Piso 16, Magdalena del Mar, Lima
電話:(+51-1)219-9551
Fax :(+51-1)219-9544
consjapon@li.mofa.go.jp
http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.htmlv

 

ーーー

 

以上となります。

 

今までも書いていましたが、ペルーが国境閉鎖を発表した3/15の時点で、感染者はたった71名。死者は0でした。

その翌々日から外出禁止が始まり、飲食店なども全て閉まりました。

 

営業が許されているのは病院、薬局、そして食料品を販売するスーパー、個人商店、メルカド(市場)のみ。

 

なぜ、この状況で45日の間にここまで広まってしまったのか…。

 

考えられる理由は一つ。

 

メルカドの存在です。

 

南米諸国には、メルカドと呼ばれる大きな屋内市場が町に一つ、大きな町だといくつかあります。

 

ウユニやマチュピチュ村では私達も大変お世話になりました。

 

前々から、メルカドは危なそうだねと夫と話していました。

なぜなら屋内にあるため換気が不十分である上、人と人との距離が近いからです

 

ついに今日抜き打ち調査が入り、実際に感染者が多くいたことが明らかになりました

 

症状の自覚が合ったのかどうかは分かりませんが…。

そこで感染した人が、家に帰って家族にうつす。

その連鎖でどんどん広まってしまったようです…。

 

もちろんメルカドだけが原因では無いと思いますが…。

 

生きるために、食べ物を買いに行って、それによって死に至るという…

とても恐ろしいです…。

 


 

ここからは日常の話

 

昨日と一昨日ブログにも書いた、冷蔵庫の件です。

 

今朝、9:00に再び業者さんが来てくれることになっていました。

 

安定の2時間遅れで登場。笑

 

なにやら溶接する道具?を持ってきて、1時間ほど作業をしてくれました。

 

結果…

 

 

なんと直りました。

 

もう絶対ダメだと思ってた。笑

 

ありがとう修理業者さん!!!

ありがとうオーナーさん!!!

 

 

これで、安心してここに泊まり続けられます。

 

あ~~~本当よかった!!!

 

冷蔵庫がなくて牛乳を買えないので、昨日も今日も朝食はコーンフロスティをそのままぽりぽり食べてたんですが(笑)明日からはまた牛乳とともに食べられそうです。

 

冷蔵庫最高!

 


今日は部屋の中が少し寒かったので、コーヒーを淹れて夫と屋上で日向ぼっこ。

雲が多くて太陽は隠れていましたが、外の空気はやっぱり気持ち良い!

 

早く外でお弁当を食べたり、のんびり散歩をしたりしたいものですね…。

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

 

リマ脱出まで続きます…。

世界一周ブログランキング
に参加しています!
下のキュートなお尻クリック
して頂けると順位が上がるという
システムになっております。
応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓クリックはこちら↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

-ペルー
-, , ,

Copyright© TABILOG | 旅ログ -新婚旅行で世界一周- , 2021 All Rights Reserved.